甘い!蜜入りのりんご7976を見分ける簡単な方法

瑞々しくておいしいりんごですが、蜜が入っていると更に甘くて美味しいですよね。でも残念な事に蜜が入っているかどうかは、りんごを切ってみるまで分かりません。 またりんごの品種によって蜜が入りやすいものと、入りにくいものがあります。りんごの中でも「サンふじ」や「デリシャス」等は蜜が入りやすい品種です。また「こうとく」という品種は、特に蜜が多く入っていると言われているので、おススメです。 また買う時に蜜が入っているりんごかどうか、見分ける簡単なポイントが実はあるんです。 りんごを買う時には「つる」の部分が、他の物よりも太くしっかりとしている物を選びましょう。またお尻の部分に注目です。りんごのお尻の部分が赤色からオレンジや黄色に変わり、透き通っているように見えるものは、すでに完熟しているという目印なので蜜が入っている可能性がより高いんです。なるべくお尻が丸くて広め目のりんごを選び、緑がかったものは避けるといいですよ。 更に同じくらいの大きさのりんごから選ぶ場合は、より重たい方を選びましょう。 この方法はあくまでも蜜入りのりんごを選ぶ可能性をアップする方法なので、100%ではありませんので、その点は注意して下さいね。

選ぶ時はここがポイント!美味しいりんご7976の選び方

スーパー等でりんごを選ぶ際、折角なら美味しいりんごを選びたいですよね。そこで注目するポイントとしては「色」「大きさ」「重み」です。 「色」は全体的に真っ赤に熟れた物を選んでください。下の辺りが青い物はまだ食べ頃ではありません。 「大きさ」は大きな物より中ぐらいの物がいいでしょう。程よい大きさで丸みのある形のよい物の方が、味のばらつきが少ないです。 「重み」は手に持った時にしっかり重みを感じる物を選びましょう。重みがある方が実が詰まっていて美味しいです。 以上の点に気をつけて、美味しいりんごを食べてくださいね。