剥かなくても分かる、蜜入りりんご7976の見分け方

りんごを選ぶ際の基準の一つに、甘い蜜が入っているかどうかということが挙げられます。しかし、一つずつ剥いてみるというわけにもいきませんので、外観から蜜入りかそうでないかということをチェックする必要があります。それは、一体どうすれば分かるのでしょうか。 まずは、果実のお尻の部分が黄色っぽくなっているという状態があります。日に透かしてみた際に透明感があるものの方が良いでしょう。また、りんごの皮全体が赤く色づいていることも必要ですし、お尻が丸みを帯びていることも必要です。逆にお尻が角ばっているりんごというのは、まだ未熟であるというサインです。全ての特徴は一目で確認することが出来ますので、蜜入りのりんごを求めている場合には、ゆっくりと調べてみることをお勧めします。 続いて、触れてみて分かる特徴というものもあります。芯がしっかりしているりんごは、蜜がしっかりと含まれている可能性が高いと言えるでしょう。また、皮がつるつるしているものよりは、デコボコでザラザラしているりんごを選んだ方が良いでしょう。スーパーには数多くのりんごが並んでいますので、触れることが出来る場合には、一度手に取ってから選ぶようにしましょう。

年中楽しめるりんご7976ジャムを作ってみよう!

旬の時季になると、大量にりんごが手に入ることもあると思います。生で食べるのも飽きるし、料理に使うにも限界が…そんなときにおすすめしたいのが、ジャムにして保存しておくことです。 作り方は簡単です!りんごを適当な大きさに切り、正味の30%~50%程度の量の砂糖と一緒に弱火で煮詰めるだけ!切り方はいちょう切りがオススメですが、一口大でも、すりおろしてもまた違った触感が楽しめます。シナモンやはちみつをお好みで加えても、風味を楽しむことができます。 冷凍保存もできますので、ぜひりんごジャムづくりにチャレンジしてみてください!